もしも、ピアノが弾けたら?④

今日の一曲:ショパンスケルッオ一番
今日のおやつ;一つ栗・グラタン・エスプレッソコーヒー

一九九六年ワルシャワのショパン音楽院で、スケルツオの熱意あるレッスンを披露して下さったマリア・シュライベル先生に再会、スタインウエイピアノのサロンでのセミナーで。
洗練された街に似合った時間でした。行き届いたでもカジュアルなレストランもありました。
バラード スケルツオ はとくに国を自分たちの存在を消される悲しみのショパンです。
f0033751_053350.jpg
f0033751_064916.jpg


お昼は、友人とのおしゃべりと共に。前菜・スープ・グラタン・エスプレッソコーヒー
ベネチア風 だそうです。チーズが美味しい
f0033751_0101191.jpg
f0033751_0112245.jpg
f0033751_012191.jpg

[PR]
by musiqueespoir | 2006-04-18 23:43 | piano
<< あっという間の豪華料理の一皿:... 元気になる >>